タッチカウンセリングアカデミーのポリシー

みなさん、こんにちは。

タッチカウンセリングアカデミー代表の出口のりこです。

 

私は現在は講師業もしていますが、これまでに様々なセミナー、講座、勉強会を受けてきました。受講しながら、理解しやすく、講座終了後も頭と身体に染み渡るように残り、学んだことを自分自身の人生に活かしていけるのはどんな講座なのか、をずっと考えてきました。

 

「受講料以上の価値があった」と思えるかそうでないか、のポイントは何なのか?おもしろくて引き込まれる講義ができる講師はどんな講師だろうか?そして、私が人生をかけてやっていきたいことは何なのか?

 

それらの問いにひとつひとつ答えを出していると、タッチカウンセリングアカデミーのあるべき姿が、自然と浮かび上がってきました。

 

多分、タッチカウンセリングアカデミーは、他の専門学校と比べると変わっているかもしれませんので、アカデミーでのコースを受講される前に、ポリシーをよくご理解いただきますようお願いいたします。

タッチカウンセリングアカデミーのポリシーは、以下の通りです。

・ コースの専門性を学びながら、人間的に成長することも大切な目的です

・ 誰かを癒す、助けとなる、育てる為には、ただただ相手の本来持っている能力を引き出すことができればいいのです

・ 知識と技術だけを教えるのではなく、現場経験があり、マインドを共有できる講師陣が自慢です

・ 「学ぶ」ことが大切なのではなく、「学んだことを活かす」ことが大切だと考えます

・ 生徒さんはお客様ではなく、私たちの大切な仲間です

・ 学んでいただくのは受講中だけではなく、卒業後も学んだことを維持し、ステップアップし続けていただきたいのです

私たちのタッチカウンセリングマインドについて詳しく知りたい方は

コースの専門性を学びながら、人間的に成長することも大切な目的です

カウンセリングやセラピーを、知識と技術で行えると思っている方も少なからずいらっしゃるようですが、本当はそうではありません。

 

誰かを癒し、精神的に誰かの助けとなれるカウンセラー/セラピストは、人間的に成熟した人格でなければなりません。人間的に成長した人にとって技術は必要なくなり、ただただ相手の自己治癒力やそもそも持っている能力を引き出すことのみで、相手を苦しみから救うことができるのです。

誰かを癒す、助けとなる、育てる為には、ただただ相手の本来持っている能力を引き出すことができればいいのです

誰かに何かをしてあげる、何かを与える、何かを教えこむ…その延長線上に、本当の意味で相手の助けるものがあるとは思えません。

 

私たちは、全ての人に「もっとよくなろうとする力」が備わっていることをまず信じています。その力が弱まっていたり、本人がその力に気づいていないのであれば、私たちがその力を引き出すことさえできればいいのです。そうすることにより、決して押し付けがましくなく、自然に相手は自分の力で問題を克服し、なおかつ自立できるはずなのです。

 

最終的には、誰にも頼らずにしっかりした足取りで自らの道を歩いていくその人の姿を見届けること、が私たちの一番の喜びなのです。

知識と技術だけを教えるのではなく、現場経験があり、マインドを共有できる講師陣が自慢です

知識は教科書に書いてあるので、講師から教わる必要はありません。

技術も練習を繰り返せば上達します。

 

私たちは、教科書に書いていないし、練習する方法がないことこそを、人から人へ伝えることが重要だと思っています。

ですから、どんなに立派な肩書きがあっても、名の通った有名な大学教授であったとしても、それだけで講師をお願いするわけにはいきません。

 

確かな知識と技術に加えて、現場で鍛え抜かれた経験のある方、「知識よりも何よりも、このことを人々に伝えたい」という情熱のある方、人間性や志を尊敬できる方、人を救いたい・サポートしたいというマインドのある方、私たちもその先生を目指したいと思えるような人間的魅力のある方、だけに厳選して講師をお願いしています。

ありがたいことに、私のまわりにはそんな人材が溢れていました。

 

講師陣からは、知識・技術・経験ももちろんですが、その人間性や志もしっかりと学び取り感じ取って、アカデミーを卒業後の新しい人生のきっかけにしていただきたいと心から願っています。

学ぶことが大切なのではなく、学んだことを活かすことが大切だと考えます

そのことを専門的に研究して突き詰めていきたい方は、専門の研究機関や大学などに行かれる方が適しているでしょう。

 

私たちは、学術的に勉強することよりも、学んだことをすぐに活かしていただけるよう、即戦力になる講義内容を重視しています。

 

卒業後、生徒さんそれぞれの生活、仕事、活動、人生があるかと思いますが、それぞれの方がまずは自分の為に学んだことを活かせるよう、そしてその経験が誰かのお役に立てるようにと、カリキュラムを組んでいます。

 

学んだことを活かす為のサポートを卒業後もずっと続けていけるように、NPO法人日本タッチカウンセリング協会は強い味方です。

生徒さんはお客様ではなく、私たちの大切な仲間です

本当は、受講料を出してコースを受けてくださる生徒さん達に、ホテルのようにそつのない、心地よいおもてなしやサービスができれば良いのかもしれません。

 

でも、私たちはその代わりに、不器用でも心のこもった思いやりを提供したいと思っています。表面上の接遇よりも、心からの応援の気持ちと気遣いが、生徒さん達の習得をサポートできると考えているからです。それに、「お客様とサービスを提供する側」という関係では、共に本当に良いものを生み出すことはできないのではないでしょうか。

 

双方にとって実り多い講座にする為にも、同じ目的を持って共により良いものを作り出す仲間でいたいと思っています。

学んでいただくのは受講中だけではなく、卒業後も学んだことを維持し、ステップアップし続けていただきたいのです

NPO法人日本タッチカウンセリング協会には、勉強会やスーパーバイズ、進路や活動の仕方などの相談ができる仕組みがあります。また、コースを受講後にもっとステップアップしたコースを受けたい、関連する他のコースを受けたい、というニーズにお応えできるよう、今後も様々なコースを丁寧に開発してまいります。

 

一つのことを学ぶことは、あなたが次のステップに進むことであり、次のステップに進んだあなたは新しいステップで必要なことをまた学びたくなるかもしれません。

 

そんなあなたのステップアップをずっと見守り続けることが、私たちの喜びであり、感動なのです。